先取り貯金を勘違いして失敗している人は居ませんか?

スポンサードリンク

稼ぐではなく、貯めるお話です。

 

先取り貯金って知っていますか?

貯金が苦手だったりできないという人にお勧めされることが多い貯金の手法です。

 

具体的な方法としては、毎月給料が入ってきたら自分が決めた一定額を先に貯金し、残ったお金で生活するという貯金方法です。

これによって、お金が手元にあると使ってしまう人でも、最初から貯金後の残ったお金しかないと思いやりくりすることで、いつの間にか毎月一定額のお金を貯めることができます。

 

これを実践して失敗した人が居ました。

良いノウハウであっても鵜呑みにしてその通りに実行しようとすると失敗することがあるので、自分用に落とし込んで実行しましょう。

 

実践して失敗した人は、残業時間が月によって大きく変動する人でした。

簡単に、残業がない月は手取り15万、残業が少しの月は手取り20万、残業が多い月は手取り25万としましょうか。

その手取り額の中から、先取り貯金の毎月一定額の貯金として5万円貯金しました。

それでも平均して月15万円くらいは自由に使える計算です。

この平均してというのがいけなかったのです。

手取りが月10万の時はひもじい生活をし、手取りが月20万の時は贅沢をしました。

その結果、月20万使っているときの贅沢が抜けなくなり、お金がなく生活している時に貯金を崩してしまいます。

そして1回貯金を崩し始めたらほとんど貯まらなくなってしまいました。

 

先取り貯金を言葉通りに受け取らず、自分でしっかり考えることができていれば、失敗した人は毎月の貯金額を一定にするのではなく、毎月使える額を一定にした方が生活のリズムが安定し貯金できそうだと気付けたと思います。

 

貯金の話以外でも、おいしい話を聞いた時、いきなりその通りやってみようとするのではなく、自分だったらどうしようというのを常に考えられるといいですね。

少なくとも、最初は真似してやってみるのもいいかもしれませんが、DCAPサイクルを回して、自分に合うように改善していきましょう。

DCAPサイクルの記事はこちら↓