「私の沼」というタイトルから何が書かれているかはわかりにくい

スポンサードリンク

今週のお題「私の沼」

 

はてなブログで毎週(たまに隔週)更新されるブログを書くきっかけとなるお題、今週は「私の沼」です・・・

 

「私の沼」・・・

沼はどろどろでどよーんとしたイメージがありますね。

少なくとも私は沼を所有していませんし、これが私の沼だと自信を持って紹介できる人は居ないのでしょうか。

そもそも沼とは何かを改めて調べてみました。

 

------------------------------

沼(ぬま、英語:marsh)とは湿地の一種。池や湖との区別は明確ではないが、一般に水深 5 m 以内の水域であり、イネ科やシダ、ヨシ、ガマ、スゲなどの草に占められ、透明度が低く、規模があまり大きくないものを指す。

------------------------------

沼 - Wikipediaより抜粋

 

池や湖と明確な区別がないのですね。

さて、沼が何かがなんとなくわかった私ですが、相変わらず私は所有していませんし、沼で何かやりたいという願望もありません。

 

こんな私の沼というお題で一体何を書けばいいのかと思い、お題の詳細を読んでみました。

 

------------------------------

アイドル、演劇、自転車、アニメ、カメラ……。なかなか抜け出せそうにない、ハマっていること(=沼)はありますか?

今週のお題は「私の沼」

今まさにズブズブと足が沈んでいっている沼でも、かつてハマりようやく抜け出した沼でも、どちらでもかまいません。沼に足を踏み入れたきっかけや、理由なども添えて投稿してください。皆さまのご応募、お待ちしております。

------------------------------

※お題の文そのまま

 

沼と書いて、趣味と読ませようとしているようです。

さらに、沼にはどちらかというとマイナスイメージがありますので、辞めたいけどなかなかやめられない趣味について書けということなのでしょう。

 

お題をぱっと見て内容を推測するの難しくないでしょうか?

 

はてなブログをやっている人なら「私の沼」 というタイトルでお題に合わせてハマっていることを書いたのだなと推測できますが、外部から来る人は「私の沼」というタイトルからハマっていること書いたを推測できる人はあまり居ないと思います。

そのような分かりづらいタイトルをお題にするのは失敗だと思います。

 

ブログを書く人にとって、読者への分かりやすさというものはとても大事なものです。

少なくとも、私の沼というお題で私の趣味について書くのは少し抵抗があるので今回このような記事になってしまいました。

 

 

 

ちょっとお題を悪く言ってしまいましたが、私ははてなブログが毎週提供してくれるお題、結構好きです。

私が考えていなかったことを書いてみようかというきっかけを与えてくれますし、お題を見てみて気に入らなかったらスルーすればいいだけですからね。

今回はスルーできませんでしたが・・・

 

はてなブログさん、分かりやすくて書きやすいお題をお待ちしています。