google.com, pub-2394673782972967, DIRECT, f08c47fec0942fa0

ESBIはIを目指す

スポンサードリンク

キャッシュフロークワドラントを知っていますか?

 

E S B I の4種類に分かれた働き方によるお金の流れを表したものです。

 

f:id:arshii:20191207113646p:plain

 

簡単に4つを説明します。

 

E(employee)従業員

会社に利益をあげることで会社から報酬を得る働き方です。

「会社に利益をあげる」というところがポイントで、自分が働いた成果のうち、一部は会社に取られています。

日本人のほとんどがこの形式で仕事をしています。

 

S(self employee)自営業者

自分でサービスを提供し、その報酬を得る働き方です。

得た報酬を100%自分で使用できます。

 

B(business owner)経営者

他の人に仕事を与え、その人たちがあげた利益の一部を報酬として得る働き方です。

それ以外に権利収入もここに含まれますが、他の人に何かを与えることができないといけません。

 

I(investor)投資家

投資によって収入を得る方法です。

これだけは働き方というよりも、お金を使ってお金を増やす特別な方法です。

 

 

 

 経済的・時間的な自由を目指すのであればI(investor)投資家を目指す。

 

ここまでは非常にわかりやすいです。

 

どうやってI(investor)投資家を目指すのか。

 

投資家になるためには資産が必要です。

 

資産の構築は一般的には経営者>自営業者>従業員の順で構築しやすいと言われていますが、

従業員・自営業者・経営者のいずれでも可能です。

 

毎月少しずつ収入を資産に変え投資を進め、投資のみで生活が可能になった人が投資家です。

 

 

 

 

 

 E S B I の考え方はロバート・キヨサキさんが世界中に広めた考え方です。

豊かな生活を行うためにも資産や負債などの考え方をしっかりと学びましょう。

スポンサードリンク